遺言書作成の相談室 



神奈川県相模原市にある

【 遺言書作成サポート専門 行政書士 】
あおば行政書士事務所 代表 佐藤克彦です

** 遺言書はあなたの後に続く人々へのラブレター **

遺言書は「財産」だけを書くものではありません
「あなた」の気持ちを書いても良いものなのです


遺言書には「自筆証書遺言」・「公正証書遺言」・「秘密証書遺言」の3種類がありますが、エンディングノートと違い法律に沿って書かなければ 無効 になってしまい あなたの気持ちが繋がりません!

先ずはお話を充分に伺うことから始めさせていただいています
いろいろなお気持ちが渦巻いていることもあるでしょう
私の経験も踏まえてお話をし あなたの気持ちが繋がるようにサポートをさせてください


■ お子さんのいないご夫婦の方  
■ 前婚でお子さんがある方    
■ 事実婚の方          
■ その他いろいろなご事情がある方
        
        ご相談ください

  • お知らせ
  • 2021年 11月4日(木)に「知っててよかった!遺言・相続講座」を開催します!
  • 2021年7月 タウンニュースに記載  
  • あおば blog 更新中

重要なご案内

2020年4月1日 民法・相続法改正


①配偶者短期居住権とは(要約)
 配偶者は相続開始の時に被相続人所有の建物
 に同居していた場合には、遺産分割(協議、
 調停又は審判)により当該建物の帰属が確定
 するまでの間、引き続きその建物を無償で使用
 することができるものとする。

②配偶者居住権とは(要約)
 配偶者が相続開始の時に居住していた被相続人
 所有の建物を対象として、終身又は一定期間、
 配偶者にその建物の使用を認めることを内容と
 する法定の権利。

※特に遺言書を作成しておくべき方


■配偶者のみで(夫、妻)お子さんがなく、ご両親もなく、ご兄弟(甥・姪)がいらっしゃる方
■入籍をしていない(内縁、事実婚)のご夫婦の方
■LGBTの方
■前妻との間にお子さんがいらっしゃる場合。 

私たち行政書士には法律で「守秘義務」が課せられていますので、なんでもご相談ください。


powered by crayon(クレヨン)